株の初心者「トレンドラインとパーテーション」今、その違いが解る!

 

今回の内容はトレンドラインとパーテーションについてです。

 

株の初心者がトレードを学ぶと、はじめの方に出てくるのがトレンドラインであり、
その後にパーテーションを学んで行く順序が多いかと思いますが、

 

実際のトレードではトレンドラインの仕掛けはトレンド転換を使い、
パーテーションはパーテーションブレークを使って仕掛けていきます。

 

しかし、トレードの難易度で考えると先に学ぶであろう
トレンド転換の方が難しいトレードであることは確かなことです。

 

なぜトレンド転換の方が難しかと言えば、それは仕掛けるタイミングの取り方にあります。

 

パーテーションブレークはある値段をブレークしたら仕掛けることで出来ますが、
トレンド転換は決まった値段から仕掛けることが出来ないためです

 

例を挙げると、ローソク足が完全にトレンドラインを抜けたら仕掛けるのか、
またはローソク足の終値だけがトレンドラインを抜けたら仕掛けるのか等、
多少仕掛ける範囲が広いことが挙げられます。

 

この内容では、実際の仕掛けについては割愛しますが、

トレンドラインとパーテーション、それぞれの違いと
トレードにおけるメリット・デメリットまでを探っていき
初心者のトレーダーだけではなく今後のトレードの向上を少しでも図ることが出来れば幸いです。

 

>>6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』<<

▽ 関連記事 

 

 

簡単に

  • パーテーションとは、過去に投資家によって強く意識された株価どうしを繋げた真横(斜めの場合もある)のライン
  • トレンドラインとは、直近の高値同士、または安値同士を結んだ斜めのライン

のことです。

 

どちらも株価がそのラインの中から外へと抜け出すことでポジションを持ち、
抜けた方向に株価が動くことで利益を得るのがトレードの目的となります。

 

そして、株価がパーテーションから抜け出ることをパーテーションブレーク
株価がトレンドラインから抜け出ることをトレンド転換といいます。

 

しかし、変な言い方になりますが、
パーテーションが実際に意識された値段で繋げられたラインであるという理由から
ある意味納得した上でトレードが出来るのに対して、

 

トレンドラインは直近の高値から安値へという
あまり根拠に乏しい理由で引かれたラインを使ってトレードを行うことから
どうしてもトレンド転換からの仕掛けは、不可実性が強く感じてしまうのは私だけなのでしょうか。

 

過去に何度もこのトレンド転換から仕掛けることで利益を得ましたが
(もちろん失敗も多くありますよ)
今でもトレンド転換の売買サインを見ると本当に仕掛けて良いのかと思うことが多々あります。

 

但し、株価というものが、最終的に大きく上昇するにせよ下降するにせよ、
その過程において小刻みに上下のトレンドを繰り返すという株の原則からして、
トレンド転換の仕掛けはトレーダーとして必須であることは事実です。

 

トレンド転換を狙う理由

 

その必須である理由がチャートから伺えます↓

 

株価が大きく上昇、大きく下降する過程において小刻みな上下の動きを繰り返しているのが分かります。

 

買いだけではなく空売りもできるテクニカルトレーダーであれば、
この小刻みな上下の動きからトレンド転換を使って利益を狙うことは当然と言えます。

 

もちろんすべてのトレンド転換から利益を取れることは、
例え上級トレーダーであってもまず不可能ですし、ダマシの場合もありますが、

 

一度トレンド転換した株価がその後大きく上昇、
または下降することもあり多くの利益を取れるチャンスでもある訳です。
(グランビルの最大の上昇・下降である2回目はこれに当たります)

 

以上のことから、ラインを引く根拠は乏しいが
チャート上に多くの売買チャンスをもたらしてくれるのがトレンドラインと言えるのです。

 

初心者がパーテーションブレークを狙う理由

 

その点、パーテーションを見てみましょう↓

 

パーテーションブレークは仕掛けやすい反面、その名の通りブレークですから
基本的には強く上昇・下降することが少なく、よって大きく利益を狙うことはお勧めできません。

 

ブレークですので単発的であり動いても弱い動きが多いのです。

 

ですから、パーテーションブレークから仕掛けでうまくいっても早めの利益確定を行うことが原則となります。

 

株の初心者であればトレンド転換よりも
このパーテーションブレークを使った仕掛けからマスターすることが好ましいとも言えます。

 

▽ 関連記事 

 

トレンドラインとパーテーションをチャートに引くと?

 

では、トレンドライン、パーテーションの両方を引いたチャートを見てみますと↓

 

パーテーションブレーク、トレンド転換からの仕掛け、
どちらに多くの仕掛けチャンスと多くの利益チャンスがあるのかは一目瞭然ですね。

 

但し、どちらか優劣を競っている訳ではありません。

 

そのときそのときの相場のチャンスから
それぞれのメリット・デメリットを活かしトレードを行うことが理想です。

 

まとめ

 

トレンドライン、パーテーションのメリット・デメリットをそれぞれ簡単にまとめると↓

 

パーテーションブレーク

  • メリット:ラインが真横なので仕掛けやすくロスカット設定も簡単
  • デメリット:チャンスは少なめ大きな利益は狙いにくい

 

トレンド転換

  • メリット:チャンスも多く大きな利益が狙える場合がある
  • デメリット:ラインが斜めなので仕掛けのタイミング、利益確定も難しい

 

※どちらも、他の指標(移動平均線やMACD等)からの組み合わせから仕掛けると更に効果的なトレードが行なえます。

 

↓3つの特典付き 1万円引きトレードマニュアルがこちら(セミナー優待付)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください