株の初心者が簡単に自分に合った売買手法を見つける【マニュアル表】

 

 

株の買い方についてですが、その前に株を色々な角度から知ることで効率の良い株式投資が可能となりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

株を買う前にはまず「これから買おうとしている株ははたして上昇するのだろうか?」という分析をします。

 

 

しかし分析後、実際に株を保持したら必ず売るときが来ますので分析とは別に株を購入してから売るまでの期間“どこで買って?どこで売るか?”ということがもう1つ株式投資では重要になってくるのです。

 

 

株価というのは、右斜め一直線に上昇することは少なくほとんどが上昇・下降という上下に波を打ちながら上昇していきます。

 

 

 

 

ですから“どこの波をうまくとらえて売買できるか?”というタイミングが利益に直接か関わってきますので、

 

 

投資家・トレーダーとして「毎日売買できるのか?」それとも「本業が忙しく毎日の売買は難しいのか?」

 

 

それぞれの立場やトレードできる環境を考慮して適切な投資期間(先ほどの“どこの波をとらえるのか?”)から自分に合ったトレード手法を選択することがとても大事なことになります

 

 

【トレードの環境】【分析内容】【トレード期間】この3つを下図の表から照らし合わせて読者さんにとって一番近いトレード手法を見つけ今後の投資・トレードに役立ててください!

 

 

※下図の【早見表マニュアル】はあくまでも大まかな目安ですので、どのトレード手法を選ぶかは自己責任にてお願いいたします。

 

 

売買手法を見つける【早見表マニュアル】▼▼

 

【順張り・逆張り】についてはこちらを参照

【現物取引】と【信用取引】ついてはこちらを参照

【トレード内容】についてはこちらを参照

 

 

 

 

 

>>※メールマガジンのご登録はこちらからお願いします。<<

 

 

※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。
※1時間以内にメールが届かない場合は、メールアドレスが誤記入の場合が考えられます。

 

 

こちらを”ポチっ”とクリックして頂けますと今後の励みになります!

株式初心者ランキング



スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です