一目均衡表とは、ある意味面倒な指標でもあります。
 
 
 
 
なぜならローソク足チャートの表示を切り替えることなしに一目均衡表のチャートを見ることが出来ないからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 例えば)
 
 
 
ローソク足チャート 一目均衡表 
 
 
 
チャート表示をチェンジ
 
 
 
 
 
 
 
 
ローソク足チャート
 
 
 
 
 
                             チャート表示を切り替える 
 
 
 
 
一目均衡表チャート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように分析するに面倒な指標です。
 
 
 
 
 
しかし、それでもなぜ一目均衡表は多くの投資家・トレーダーから愛され続けるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現在、東証(東京証券取引所)1部は日に約2兆円の売買高を誇っています。
 
 
 
 
その売買高の多くを占めるのが(少なくとも半分以上は)外国の投資家によるものです。
 
 
 
 
彼らは我々個人投資家と違い想像のつかないほどの豊富な資金から日本の株式市場に参戦し日々株価を動かしています。
 
 
 
 
日本の株式市場に魅力があるからでしょう。
 
 
 
 
しかしそんな彼らのように株価を動かすような資金力をもってしても相場の世界において必ず必要になってくるのが株価の動向を予測する指標というものです。
 
 
 
 
当然ですが、ただ闇雲に豊富な資金にものをいわせ投資をしている訳ではありません。
 
 
 
 
但し、重要な指標をうまく使うことなしにマーケットの世界で勝利を収める訳でもありません。
 
 
 
 
ではそんな彼ら外国人の投資家が「必ずよく見て最終的な投資・トレードの判断をする指標」とは?
 
 
 
 
 
 
 
 
相場では需給の関係から「株は買われれば上昇、売られれば下降」します。
 
 
 
 
我々個人投資家のように株価を動かすほどの資金力がなければ、当然のように資金力のある投資家から買われることで上昇する銘柄を選択し投資していかなくてはなりません。
 
 
 
 
実際の投資方法として「多くの投資家と同じ方向に投資をする」ことが大切になりますが、
 
 
 
 
これを先ほどの指標の観点から考えますと
 
 
 
「多くの投資家が使っている指標と同じ指標を使う」ということが個人投資家にとってマーケットから最大限お金を引き出すための必須となってくる訳です。
 
 
 
 
ではその指標とは? もうお分かりでしょう!
 
 
 
 
 
 
 
一目均衡表です!
 
 
 
 
一目均衡表は日本人だけではなく外国の投資家からも好んで使われている重要なテクニカル指標なのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  この教材から学ぶ理由とは?
 
 
 
 
 
 
 
 
理由 1.
 
一目均衡表とは日本人であるペンネーム「一目山人」細田吾一氏が一生涯懸け多大な労力によって生み出された株式テクニカル指標です。
 
 
 
 
ご存知な投資家の方もおられるかと思いますが、実は一目均衡表には膨大な資料がありそれらをすべて解読するだけでも多くの時間がかかります。
 
 
 
 
作成者様の苦労を考えますと大変恐縮なのですが、例え解読しても、相場においてうまく使いこなすことは難しいでしょう。
 
 
 
 
なぜならそのほとんどの内容が「学者的な解釈」であり実際のトレードから効果的に利益を上げるための手段ではないからです。
 
 
 
 
今回トレードに最も効果のあるコンテンツ内容で、最短で簡単にマスター出来るようにまとめた教材が、【一目均衡表 Cloud Masterになります。
 
 
 
 
 
 
 
理由 2.
 
このような悩み、よく抱えていませんか?
 
 
 
 
銘柄リスト集やポートフォリの中から仕掛けたい銘柄を一通り分析するが、どれも同じようによく見えてしまう。
 
 
 
 
そして最後まで絞り込めず結局仕掛ける銘柄を“”に頼って選択してしまう。
 
 
 
 
一目均衡表は最終的な投資判断に使われる指標です。
 
 
 
銘柄の最終的な決定を後押ししてくれるでしょう。
 
 
 
 
もう以前のように「最後まで一人で悩む必要はない」と言えるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
理由 3.
 
一目均衡表は状態確認と未来予想図としての役割が一般的であり、どちらかと言えば中長期での投資家向けの指標とされています。
 
 
 
 
しかしこの教材では中長期での投資方法はもちろんのこと、スイングトレードなど短期での仕掛けから利益を狙う手法(ブレークパターン)も紹介されています。
 
 
 
 
一目均衡表を使った幅広いレンジでの時間軸の投資方法が可能になります。
 
 
 
 
 
 
 
理由 4.
 
あまり知られていませんが、トレンドラインとはローソク足チャートだけではなく、実は一目均衡表にも引くことでトレード分析の効果があります。
 
 
 
 
そのとき基準線・転換線とトレンドラインの組み合わせからどのような分析により未来の上昇トレンドを予想できるか解説しています。
 
 
 
 
 
 
 
理由 5.
 
投資家・トレーダーの悩みの1つに「どの指標を使うか?」、「どのような指標の組み合わせをするか?」があります。
 
 
 
 
また「指標の優先順位」というものもあるかと思います。
 
 
 
 
トレードの上級者になりますと組み合わせる指標の数はとてもシンプルです。
 
 
 
なぜなら相場では指標どうし相反したサインを出すことも多く、分析に関して指標を多く使えば良いということはではないからです。
 
 
 
 
しかし上級者であってもはじめは複数の指標から分析することに始まり、そして最後の組み合わせの段階では「どの指標を抜くか?」、「削るか?」にとても悩まされるのです。
 
 
 
 
そのようなとき、「他の指標から出るサインに関係なく独立したサインを出す」、そんな指標があったなら?
 
 
 
 
その答えは……、
 
 
 
 
 
すぐにお分かりでしょう!感の良いあなたなら!! 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  この教材から学べる具体的な内容です
 
 
 
 
 
 
 
PDFテキストに日経平均株価や個別銘柄など実践でのチャート図を用いたわかりやすい解説となっています。
 
 
 
 
【基本・応用・まとめ】の3部構成から、基本編では今現在の株価の状態確認と未来予想、そして応用編では短期での仕掛けブレーク手法、まとめでは効率的な使い方、一目均衡表のテクニカルチャート分析を全て学べる内容です。
 
 
 
 
特に日本株式のスイングトレーダー向け
(FXのトレーダーにも参考になる教材ですが、日本株式の個別銘柄のチャートを主体として解説しています。)
 
 
 
この教材ではサンプルチャートとして松井証券ネットストックトレーダーを使用していますが、実践ではどのチャートソフトを使用しても問題ありません。
 
 
 
 
 
 
 
◆基本編・・・株価と雲の位置関係と相場観、三役好転(逆転)、変化日、雲の考え方等
 
 
 
 
◆応用編・・・基準線と株価の注意点、移動平均線を使ったブレークパターンの仕掛け
 
 
 
 
基準線・転換線とトレンドラインを使ったブレーク、雲の性質を利用した利乗せポイント等
 
 
 
 
◆まとめ・・・一目均衡表の優先順位と効果的な使い方
 
 
 
 
 
 
 
 
一目均衡表とは、三役好転や変化日といった今現在から見る株価の状態確認や未来予想としての役割が一般的ですが
 
 
 
 
この教材ではスイングトレーダー等が行う短期での仕掛けやブレークの手法、また株価下降のサインの読み方を紹介しています。そのカギとなるのが、トレンドラインと雲の性質です。
 
 
 
 
 
 
 
※一目均衡表を学ぶには“この教材で十分”という気持ちで作成しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 まだ、一目均衡表が難しいと思っている方へ!

 
 
 
 
 
 
 
一目均衡表は一見細かく複雑なように見えるかも知れません。
 
 
 
 
しかし、見るポイントは限られておりコツさえ掴めば分析をするというよりもチャートを絵を見て確認するような感覚になります。
 
 
 
 
また一目均衡表の計算式は覚える必要は全くありません。当の本人も覚えていません。
 
 
 
 
ですが、そんな私でも今では仕掛ける銘柄には必ず一目均衡表を使って最終的な分析判断を下していますし、
計算式を覚えていなくても相場では十分機能しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 それでも今一歩前へ進めない方へ!!
 
 
 
 
 
 
 
例えばエンジンの構造を理解していなくても運転方法を学べば車の運転ができるように、
 
 
 
一目均衡表も計算式を理解できなくても、この教材から分析方法を学びコツさえ掴めば初心者の方であっても相場で使えるテクニカル指標なのです。
 
 
 
 
そして、一目均衡表のテクニカル分析の方法を学んだら、まずは実践にて使っていただきたいのです。
 
 
 
 
一目均衡表を「今まで面倒くさく使っていなかった」、または「信じていなかった」投資家・トレーダーの方は、この教材を通して必ず相場観のパラダイムシフトを起こさせてくれるでしょう!
 
 
 
 
私の株の師匠は銘柄をローソク足チャートから分析すると必ず最後に「では一目(均衡表)見てみましょうか?」と、
 
 
 
 
まるで口癖のように言っていました。それほどまでにこの一目均衡表を信頼していました。
 
 
 
 
投資をする以上、指標は相場の案内人です。
 
 
 
 
 
 
  一目均衡表はその「最後の案内人」なのです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  投資家のあなたに対し相場での最後の決断をきっと後押ししてくれるでしょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
一目均衡表のテクニカル分析教材【一目均衡表 Cloud Masterを学ぶことで
 
 
 
 
 
 
あなたのこれからの投資家人生に対し素晴らしいメリットを生み出し、同時にリスク”軽減されることでしょう!
 
 
 
 
 
 
 
                
 
 
 
 
一目均衡表 Cloud Master
 
 
 
 
 
 
 
※PDFファイル全44ページでのダウンロード販売となります。
 
 
 
 
 
 
価格:7,800円(税込) 
 
 
 
 
 
 
★特典 “テクニカル投資教材PDFファイル41ページ分”
 
 
  
 
 
 (※ご購入者様にとって、本教材から一目均衡表をよりよくマスターできるように投資教材PDFファイル特典としてテクニカルマニュアル等を付属させていただきます。また、特典は教材本編の続きにて付属しておりますので、ご購入後に確認くださいませ。)
 
 
 
(特典の内容:75日移動平均線15p/トレンド転換6p/ロスカット値設定方法7p/ローソク足の基本8p/信用取引5p)
 
 
 
  (特典をあわせますと85ページのボリュームになります!)
 
 
 
 
 

 

>>お電話でのお申し込みはこちらからお願いします。<<

 

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。株取引には取引業者の売買手数料がかかります

 

 

 

 追伸)
 
 
 
 
江戸時代の米相場で本間宗久が見出したローソク足、そしてこの細田吾一氏による一目均衡表。日本人が外国人投資家から「一目(👀)!?」置かれる理由です。
 
 
 
 
 
この日本人が編み出し長い歴史の中で決して色あせず、今でも、そしてこれから先もそうであろう世界中の多くの投資家から好んで使われる一目均衡表。
 
 
 
 
 
今回このタイミングで一目均衡表を簡単に短い時間でマスターして資金豊富な外国の投資家等と同じようにトレードをして利益を上げてみませんか?
 
 
 
 
 
 
 

 

 

特定商取引法の表記

 

Copyright (C) 2017 Motoichi Aki All Rights Reserved.