本田健【マーケッター】というもう一つの側面

 

本田健さんは、書籍を累計700万部以上、セミナー事業、セミナーCD/DVD販売を行う自己啓発の専門家。

 

代表作、「ユダヤ人大富豪の教え」「きっと、よくなる!」。「幸せな小金持ち」の生き方を提唱。

 

彼が主催するアイウエオフィス公式ホームページ⇒http://www.aiueoffice.com/

 

自己啓発の分野では第一人者であり、一時期のような盛り上がりはないとはいえ今でも彼の影響力は絶大です。

 

ビジネスの分野で基本“顔出しなし”でここまで成功した例は珍しいと言えるでしょう。また他の有名人とコラボが非常にうまいことでも知られています。

 

そんな彼を最初に有名にしたのが2006年に発売された「ユダヤ人大富豪の教え」という本です。

 

私も当時読みましたが、それまでにはなかった社会風潮や価値観が彼(本田健さん)と大富豪のメンターとのやり取りを物語形式を通して紹介されとても斬新に感じ、感動を覚えたことを記憶しています。

 

彼はこの本でビジネス上の最初のブレークスルーを果たすわけですが、実は本を出版する以前に《無料の小冊子》を配布することで小さなコミュニティーから彼の価値観の口コミを広げていました。

 

当時、作家がデビュー前に小冊子をそれも無料で配るという形はなかったと思います。

 

その後、もう一つの代表作「きっと、よくなる!」を発表し彼の自己啓発の分野での地位はゆるぎないものになりました。

 

同時にこの時期には高額なセミナーを定期的に行っていましたが、このあたりが彼のピークだったのではないでしょうか。

 

私もセミナーに何度も参加しましたが、数百名規模のセミナー参加募集が発表されるや、かなり早いうちにキャンセル待ちになっていたのですから、当時の彼の人気のほどが伺えます。

 

ちなみにそのセミナーの金額は、平均して2日間で15万~18万円位、1日計算だと、約8万円です。これだけ高額であっても参加希望者が絶えなかったのです。

 

また、当日のセミナー自体もかなり盛り上がっていたことも事実です。参加者はみな「高額な代金に見合ったセミナー内容を受け取れている」と納得していたようでした。

 

スポンサーリンク



 

彼は元々、ロバート・キヨサキ氏のヒット作「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ後に、実際の金持ちになるノウハウが本の内容に書かれていないことからヒントを得て自分がそのノウハウを世に紹介しようとはじめたものでした。

 

彼が広めた言葉に[マスターマインド・ワクワク・ライフワーク・豊かさを受け取る・立体話法・人間関係のマトリクス]等がありますが、教えの基本は「自分らしく好きなことをやる人生」といったところでしょうか?!

 

彼は当時ポストが空いていた自己啓発の分野に入ることで大きな成功をおさめたわけですが、これほどまでの成功を彼の熱意だけで成し得たでしょうか?

 

もちろん情熱・熱意も大きな要因でしょうが、もう1つの成功の要因に彼のマーケッターとしての資質が非常に大きいと思います。

 

事実、無料小冊子の配布から始めて高額なセミナー事業迄の規模にした彼の手腕は相当なものです。

 

これだけの事業を行えば彼の収入は何十億円はあると思いますが、その割には彼に対する批判や商品に対するクレームが少ないこともあげられます。

 

ですがこれも彼のマーケッターとしての戦略にあったと思えるのです。

 

なぜなら彼は高額なセミナー事業を行うことに平行して一般に行うアフィリエイトPPC広告などをほとんど使ってきませんでした。

 

というより故意に利用していなかった感じがあります。しかしその代わりにSNSの拡散や出版本の影響力などから高額なセミナーを販売してきたと思われます。

 

またセミナー金額には割引戦略も頻繁に行われていました(今でも行われています)。

 

実際のセミナーでは彼本人も自覚していたと思いますが、疑似応答が非常にうまくそのための時間もセミナーではかなり割いて行われていました。

 

また疑似応答だけのセミナーなども行われていましたが、参加者からは「健さんは質問に対してなんでもうまく解決してくれる“まるで宇宙人の様”」などと言われていました。

 

しかし、彼は自身のことを問われると自己啓発の専門家であると同時に「マーケッターです」と表現していました。

 

 

ところで、みなさん、ミスターマリックさんのこと、ご存知でしょうか?

 

今ではテレビの人気番組である「あの人は今?」に出てくるような昔の方ですが、人気のあった当時はほんとうに一世を風靡したと言ってもいいほどの有名人でした。

 

彼はテレビを通じたお茶の間の前で「超能力」を披露することで見る人を完全に魅了していたのですが、

 

そんなマリックさんが周りから「超能力」について問われると、彼は一言「(これは)マジックです」と答えていたのを思い出します。

 

どうしても私は、本田健さんの発言と、ミスターマリックさんの発言を同じようなニュアンスでとらえてしまうんですよね!?(もちろん私だけでしょうが^^;)

 

 

本田健さんの話に戻りますが、権威力が多少落ちた理由の一つに「大事なビジネスについて教えてこなかった」ということがあげられると思います。

 

幸せな小金持ち」とは彼が提唱している価値観です。これまでに幸せの「マインド」を教えてきたようですが、

 

小金持ちになるためにお金を稼ぐという肝心な「ビジネス」の方は参加者には教えられなかったようです。

 

事実、公式ホームページのお客様の声⇒http://www.aiueoffice.com/community_voiceindexからは「気持ち的に豊かになりました」などの投稿はたくさんあっても「健さんの教えからビジネスで成功しました」という声がほとんどありません。

 

心理学で有名なマズローの5段階にあるように本田健さんの教えにある「自分らしく本当にやりたいことなどの理想や思い」というマインドは、あくまでも生活力あってのことです。

 

マインドとビジネスの教えを両立させてしまうと彼のマーケティング戦略の成立は難しかったのかも知れません。

 

しかし本田健さんは優秀なビジネスマンです。それは彼の実績がこれ以上ない位に証明しています。

 

また教えることにも非常に長けています。ぜひ今後ビジネスの教えにもフォーカスして頂きたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です